体験について

トレーニングの時間はどのくらいですか?

上肢、下肢、コアトレーニングを各15分ずつ計45分のトレーニング内容が基本となっていますが、お客様の希望・目的に合わせてお一人お一人に合ったトレーニング内容を決めています。

体験のときに持参するもの、服装は?

動きやすい服装(Tシャツ、ジャージなど)でお越しください。ベルトを腕の付け根に巻いてのトレーニングとなりますので、袖のある服装でお願いします。

パーソナル会員に入会して月に3回しか通えなかった場合はどうなりますか?

事情によりどうしても4回通えなかった場合に関しては、4回のうち1回分のみになりますが、翌月に繰り越しさせて頂いております。

例えば今月お仕事や体調不良により1回キャンセルして3回しか通えなかったとしたら、来月に1回分繰り越して5回のレッスンというようになります。

パーソナル会員は月に5回以上通えないの?

5回目以上通って頂けます。

5回目以降のレッスンに関しては1レッスン5,250円税込(通常6,300円税込)を都度払いとなります。

当日の予約は可能ですか?

当日でもご予約は可能です、ご希望の時間に空きがあれば大丈夫です。

予約状況に関してはお電話にてご確認お願い致します。

脚の靭帯を損傷したのですが、リハビリとして加圧をすることは可能ですか?

加圧トレーニングは軽い負荷でのトレーニングで効果があります。リハビリ目的にも取り入れられています。

なお、リハビリで利用される際は怪我の状況によっては医師の診断をお願いする場合がございます。

加圧ゴルフが有名ですが、ゴルフ以外に効果的なスポーツはありますか?

加圧ベルトを巻いた状態で競技特有の動き(スイングやシャドウボクシングなど)を取り入れることで、競技力の向上が見込まれるので、ゴルフ以外のスポーツにも応用できます。

成長ホルモンが美肌に良いと聞きますが、成長ホルモンは何歳ぐらいまで出ますか?

通常20代を境に分泌量は低下すると言われていますが、年齢によって分泌されなくなるということではありません。研究では70歳代でもトレーニング後、分泌量が増加しています。

なぜ成長ホルモンが通常のトレーニングよりもたくさん出るのですか?

専用のベルトで腕、脚の付け根を加圧しプーリング(貯血)した状態でトレーニングを行うことにより、血液中に疲労物質の乳酸濃度が通常のトレーニング時よりも濃くなります。その乳酸を処理するために脳から成長ホルモンを分泌するように命令が送られることで成長ホルモンが通常のトレーニングよりもたくさん分泌されます。

成長ホルモンがでるとダイエットに何がいいのですか?

成長ホルモンは、中性脂肪を脂肪酸とグリセロールに分解する効果があり、これによって脂肪を燃焼しやすくなりダイエットに効果があります。

週1日でやらなければ効果はあまりでませんか?

BEZELでは無理の無いようにトレーニングを続けて頂くために週1回のペースをお勧めしています。効果を早く欲しいなどあれば週2回程度でもお勧めしますが、加圧トレーニングは1回の内容が濃いので週1で充分効果を期待できます。また週1回やらなければ効果はあまりでないかと言うと、やはりトレーニングですのであまり間隔が開いてしまうと効果は薄くなってしまいますが、加圧トレーニング以外にスポーツやトレーニングを行っているのであれば効果はあります。

どんな器具を使ってますか?

加圧マスターという空圧式の器具を使用しています。

妊娠中でも加圧トレーニングはできますか?

加圧トレーニングは血流制限をして行うトレーニングのため、体への負担、胎児への万が一の影響を考えBEZELでは妊娠した方への加圧トレーニングは行っておりません。また出産後も3ヶ月程度を経過し体力が回復してから行っていただいております。

加圧トレーニングで美肌になるのはどうしてですか?

加圧トレーニングを行う事で成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンには、水分を保つコラーゲンなどの蛋白を生成促進する働きや、弾力性を保つヒアルロン酸などの生成を促進する働きがあります。

若い人の肌がみずみずしく、弾力性があるのは、脳下垂体から分泌される充分な量の成長ホルモンのためです。

加齢とともに成長ホルモンの分泌は減少していきますが、加圧トレーニングを行う事で成長ホルモンの分泌を促進して美肌効果に繋がります。

坐骨神経痛や股関節に違和感、痛みがある人は加圧トレーニングを行って症状は改善されますか?

原因や種類にもよりますが、正しい姿勢をするために必要な筋力などのトレーニングを行う際に体への負担が少なく効果を期待できるのでそういった方には加圧トレーニングはお勧めです。が、まずは医師の診断を受けたうえで注意点などを確認の上で行う事をお願いしております。

重たい負荷で行わなくても筋肥大はしますか?

加圧することで血流が適正に制限されると、遅筋が活動するための酸素が不足します。この状態でトレーニングをすると、酸素がなくても動ける速筋が活動し始めます。加圧によって、筋肉はハードなトレーニングをしたような状態と同じになり、筋力がアップされ筋肥大もされます。

加圧トレーニングができない人は具体的にどんな人でしょうか?

基本的に妊娠をされている方の加圧トレーニングはできません、心疾患、高血圧、脳疾患、の方に関しては医師との相談の上で判断させて頂いております。

リハビリに加圧トレーニングと行うと、一般のリハビリよりも良い点があれば教えてください?

加圧トレーニングは適切な圧をかけ血流を制限して行うため、低負荷で成長ホルモンの分泌促進、血行増進を行うので通常のリハビリよりも負担が少なく効果も期待できます。

怪我をして筋力が落ちた場合、そのリハビリとして加圧トレーニングは効果的ですか?

加圧トレーニングは軽い負荷の運動で、血行や成長ホルモンの分泌を促進できることから、スポーツ等によって負ったケガのリハビリ(医師による加療後の運動療法)として、加圧トレーニングを取り入れ、大きな効果を上げている事例も多々あります。
これらは加圧によって起こる血流の変化と、多量に分泌される成長ホルモンによるものと考えられています。

持久力のアップは期待できますか?

加圧トレーニングは血流を制限し低負荷でトレーニングを行います。低負荷で働く遅筋(持久的筋肉)は動かすために酸素を必要としますが、血流を制限しているために働くために必要な酸素が不足してきます。そこで今度は速筋(瞬発的筋肉)を動員せざる得ない状況になり、低負荷で遅筋と速筋の両方をトレーニングを行う事が出来るトレーニングです。筋力アップはもちろん持久力のアップの効果もあります。

腰痛・肩こり解消の効果はありますか?

加圧トレーニングにより血行が良くなり肩こり、腰痛の改善があったという会員様の声は良くいただいております。またデスクワークなどによる姿勢での肩こり、腰痛などは筋力アップ、姿勢改善によって緩和や予防に繋がります。ただし神経性の肩こりや腰痛に関しては病院で医師の診断をお願いしております。

月4回ぐらいが理想と聞きますが、トレーニング回数は多ければ多いほど効果はあるのでしょうか?

基本的に週2回が限度です。トレーニングの間隔は2~3日あけるようにします。加圧トレーニングは通常のトレーニングの何倍も効果があるので、週に1回でも効果は出てきます。BEZELでは日常生活の中に無理なく加圧トレーニングを取り入れて頂きたいと考えておりますので週1日、月4回程度をお勧めしております。ただし効果が早く欲しい、もっと頑張りたいとお考えの方であれば週2回のトレーニングも可能です。

ダイエット目的ですが、食事制限は必要でしょうか?

加圧トレーニングで筋力をアップし基礎代謝をアップし、さらに成長ホルモンの多量分泌で脂肪の燃焼しやすい身体をつくることでダイエット効果は期待できます。BEZELではできるだけストレスを感じずダイエットを行ってもらいたいので食事制限などは会員様にかけておりません。確かに加圧トレーニングだけでなく食事制限も取り入れると更に効果的になります。ご希望であれば食事のことなどもトレーナーへお気軽にご相談ください。

加圧トレーニング後にトレーニングをしなければ意味がないと聞きますが、トレーニング内容は筋力トレーニング、有酸素トレーニング、何でもOKでしょうか?

加圧トレーニング後にトレーニングをしなければ意味がないということはありません。

目的(ダイエット、筋力アップ、筋肥大など)によって、加圧トレーニングのあとに有酸素運動や筋力トレーニングを取り入れることで更に効果が期待できます。

ダイエットしようと思ったら加圧トレーニングだけでなく有酸素運動もしたほうがいいのか?

加圧トレーニングを行うと成長ホルモンがあ通常よりも多く分泌されます。成長ホルモンには脂肪の分解を促進する働きがあると言われています。加圧トレーニングの後の脂肪が分解しやすい状態で有酸素運動を行うことで、脂肪燃焼の効果をより高めることができます。

年少者は何歳からできますか?

何歳からという規定は特にありません。

高齢者でも加圧トレーニングはできますか?

加圧トレーニングは低負荷でのトレーニングで体への負荷が少ないため、高齢者の体力維持、健康維持に効果が期待できます。高齢者の加圧トレーニングは実際に実践例などでも効果がでています.

 

加圧トレーニングを行って、どれくらいで効果があらわれますか?

効果に関しては個人差はありますので一概にこれぐらいで効果がでますとハッキリと断言はできませんが、BEZELでは無理なく加圧トレーニングを続けていただき効果を出していきたいと考えています。

週1日の加圧トレーニングで日常生活を普段のまま生活されることを前提で3~6カ月という期間は見ていただいてます。もっと早く効果を出したいなどのご希望があれば日常生活環境や食生活のアドバイスなども行っておりますのでトレーナーへご相談ください。

また肩こりや冷え性の改善効果などではもっと早く効果が出たという声をお聞きします。

危険は全くないのですか?

加圧トレーニングは血流を制限して行うトレーニングです、良く止血して行うと思われることがありますが、止血ではありませんので血栓ができるなどの心配はございません。また危険性に関しては、怪我、病気など既往歴を最初に確認させて頂いております。その中で医師の判断が必要と思われる場合は、医師に加圧トレーニングを行うことを相談していただいて注意点などを確認していただいております。

何か道具を購入しないといけませんか?

専用のベルト、空圧式の加圧マスターが、当スタジオにございます。道具のご購入はございません。

週何回トレーニングを行わないといけないのですか?

基本的に週2回が限度です。トレーニングの間隔は2~3日あけていただいています。加圧トレーニングは通常のトレーニングの何倍も効果があるので、毎日必死にやる必要はありません。適度なトレーニングで長く続けるほうが、効果は上がります。

運動経験はほとんどないのですが効果はでますか?

加圧トレーニングは低負荷(日常生活の中でかかる程度の負荷)で行うために体や関節への負担が少ないトレーニングです。運動経験がない方、体力に自信がない方でも大丈夫です。また加圧トレーニングはマンツーマンでのレッスンとなっておりますので、トレーナーがついて負荷の設定、トレーニングフォームをチェックして行います。体力に自信がない方や、運動経験がない方も安心してトレーニングを行って頂けます。

「痛いこと」をするのですか?

加圧トレーニングは血流を制限し行うトレーニングです、正座をして脚が痺れるのと似たような痺れが腕にある状態でトレーニング行うので痺れ感があります。

加圧トレーニングについて

  • メカニズム
  • ダイエット メタボリック
  • 美肌 アンチエイジング
  • 筋力 体力づくり スポーツ
  • リハビリテーション
  • 妊娠 生理
  • 加圧ベルト 器具
  • その他

ポリッシュについて

  • トレーニングについて
  • 体験について
  • 料金について
  • システムについて
  • 設備について

体験レッスンのご予約はこちら

078-392-7370

営業時間 平日10::00から22:00 土曜日10:00から19:00 日曜日祝日10:00から18:00 休業日 水曜日